外部に委託する際に発生する費用を処理するための外注加工費

外注加工費は、製造業や建設業などの企業に材料を供給して、その工程や工事の全てあるいは一部を他の企業に依頼することで発生する費用を処理するための勘定科目のことです。これは企業会計処理において、工業簿記の製造原価の一つとなる経費に計上されます。

一般的に製造原価というのは、製品をつくるために費やした費用をいいます。そしてその分類視点として、経費、労務費、材料費などの形態別の分類、製造間接費、製造直接費などの製品との関連における分類、そして固定費、変動費などの操業度との関連における3つがあります。

通常では、外注加工費は一定の原価計算を通じて製品製造原価となる直接的な経費という位置づけになります。ただし、これは業態によって大きな比重を占めることがあるため経費、労務費、材料費に次ぐ4番目の原価要素として区分されることもあります。

また、製造とは別に販売業やサービス業といった業界では、これにあたるものは商業簿記の世界で外注費や業務委託費といった勘定科目で処理されます。一般的に外注加工費、あるいは外注費、業務委託費というものは派遣なども含まれるもので、企業の従業員だけではまかなえない部分を助けてもらうという意味合いが強いです。

また構造的にこの分野は外注に任せるというのは特にIT関連の業界に多く、派遣業界ではこれが大きな強みになっていることも多いのです。いっぽうでこの費目が大きくなると外部への依存度が高いということで経営状態自体を危ぶまれる声も大きくなる恐れがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ