自社以外の外部から経営に必要な資金を調達する外部金融

外部金融は企業の資金調達のうちの一つで、自社以外から資金を調達する総称です。企業が事業活動をするには、資金調達が欠かせません。

これには掛売りや買掛けなどの企業間信用、金融機関が資金供給者から預貯金、債権、保険、信託などによって、資金を集めた調達者が間接的に借りる方法である間接金融、そしてその調達者がそのような機関を通さずに融資を提供した人から直接調達する方法の直接金融があります。

間接のそれには短期借り入れと長期借り入れがあり、また、直接金融には債券発行と株式発行の2つが存在するのです。
外部金融に比べて内部のそれは、会社が貯めたお金や原価償却などで会社の内側から直接資金を搾りだすことです。

一般的にはこの内部留保が多いほど企業の体力が高いという判断材料になります。地震や台風などで被災した工場などをすぐに立て直せる企業は、この内部留保が高いところが大半なのです。

外部金融とは、通常考えられるように借金ということになります。企業間信用取引というのは掛けですから、支払いをすぐにするわけではありません。間接は銀行からの借り入れですが、間接という意味は遠回しに多くの人のお金を利用するということからきています。

直接の場合は株券を発行してそれを購入してもらうことです。社債発行も同様と考えていいでしょう。いずれにしても外部発行が企業のさらなる発展を考えてのことなのか、傾いた経営を立て直すための苦肉の策なのかは見極める必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ