株主以外の債権者に対する債務である外部資本

外部資本は、別名を他人資本とも呼ばれています。自己資本とは対角線上にある費目といってもいいでしょう。ローンや社債などの株主以外の債権者に対する債務のことです。これは貸借対照表の中で、貸し方項目を構成する要素の一つである負債の分の金額の全てをいいます。

企業が債権者に対して、返済等の義務があることを表しているのです。具体的な金学的な借金としては銀行からの借入金、資金捻出のために発行した社債、労働者のための年金や退職金などを前もって見積もりをしておく退職給与引当金、仕入れ先からの信用供与としての買掛金や支払手形、一時的差異により発生した繰延税金負債などがあります。

一般的に外部資本は、自己資本に対して資本の調達という共通的な面はありますが、法律的には返済や支払いの義務を負っており、また利益の有無にかかわらず、利息の支払いが必要なものもあるため、大きく異なっているといえます。

外部資本は端的にいうと借金です。それでも企業が事業活動をするうえでのものですから、性格的なものを重視しなくてはいけません。事業拡大、業容拡大のための銀行からの借り入れである場合はそれに見合うリターンが期待でき、それほど問題視はされず逆に期待値のほうが大きいということになります。

それは仕入が膨らんで買掛金が大きくなることも同じように捉えてもいいでしょう。ですので、この金額が巨額になることは気にしなければいけませんが、企業が大きくなるためにも必要なことでもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ