自社の株価が適正かを判断する株価キャッシュフロー倍率

株価キャッシュフロー倍率は、株価を一株あたりのキャッシュフローで割ったものであり、株式価格が一株あたりキャッシュフローに対して、何年で評価されているかを表す指標で、PCFR(Price Cash Flow Ratio)とも呼ばれています。

ここでいうキャッシュフローとは、税引き後、利益に再度利益から差し引いた減価償却費を加えた金額で簡易キャッシュフローと呼びます。減価償却方法の異なる企業において、その収益力を比較する事を可能にしたもので、会社が現金を生み出す力を示すものとして利用されています。

一般にこの倍率は、株式市場平均や業界平均、また同業他社などと比較して自社の株価が割高なのか割安なのかを判断するために使われます。一般的にはこの倍率が高くなるほど割高になり、低いほど割安になるとされています。また、株価収益率とは異なり、企業会計の標準的な基準によって左右される収益ではありません。

キャッシュフローに注目しているため、国家ごとに異なる会計制度の影響を受けにくいことが評価され、世界的な株式投資の道標としても耳目を集めているのです。いっぽうの株式価格利益率は、国家によって会計の基準が違うことから、何を利益としているのか定義が定まっていない点を問題視されています。

株価キャッシュフロー倍率は株価から1株あたりのキャッシュフローを除して表します。この計算方法からもわかるようにこの数値が低いほど、本来持っている価値に比べて低いと思われる銘柄の事をいいます。その株価は割安であることを表しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ