資産と比べて価値がどのような状態か見る株価純資産倍率

株価純資産倍率は、PBR(Price Book-value Ratio)とも呼ばれています。これは、株式価格を資金面から見て割安か割高かを判定するために使われる道標で、株式価格を一株あたりの純資金で割ったものをいいます。

具体的には株式価格が一株あたり、純資勤の何倍まで買われているかを示し、企業について市場が評価した時価総額が企業会計上の純資勤の何倍であるかを示しているため、PBRが1に満たない株式価格は、その資産価値を株価が下回ってしまっている状態であるといえるのです。

一般に株価純資産倍率は、分母が純資勤であるため、企業の短期的な株価変動に対する投資の判断基準になりにくいことが指摘されています。また、企業が将来期待できる成長力を加味したものを反映することは難しいので、単独の投資判断基準とするには問題があるといえます。

一方、PBRでは1倍が株価の下限であると考えられるため、当面の底値を推定する上では有効です。また、株価収益率が異常な値となった場合の補完的判断基準としても活用できます。

平常時であれば、そのマーケットにおいて株価純資産倍率が異常に低い銘柄については、企業が継続していくうえでも大きな問題があると考えられるため手を出さない方が無難とされています。

これに対して、株式相場自体、例えば日経平均が大きく下落した場合には、通常では1倍を下回らない優良株も1倍を下回ることがあり、長期投資を考える上では、銘柄をうまく選択すると良い投資機会となることがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ