1株あたりの税引き利益を株価で割った株式益回り

株式益回りは株価に対して何%の利益が見込めるかを表し株価収益率の逆数になっています。株式投資に利回りの概念を取り入れた考え方です。1株当たり純利益を株価で除したもので、これは例えば、株価収益率のPERが50倍であれば益回り2%になり、25倍になれば4%になります。

これより、一般的にPERが低いほど株価が割安とされるのに対して、当然一方の益回りは高いほどこれが割安となるのです。
株式益回りは株価レベルと1株あたりの純収益を比べる点では、株価収益率と同様の考えですが、金利レベルとの比較を目的としているため、逆数となっているのです。

また、本指標は長期国債の利回りから益回りを指し引いたイールドスプレッドや、長期金利を益回りで割ったイールドレシオなどで、株式相場の割安感や割高感を判断する場合に使用されます。

株式益回りは1株あたりの純利益の割合を表わします。イールドスプレッドが小さいと株の価値が割安となり、また、イールドレシオが低いと、これも株の価値は割安感が強くなるのです。このような割安感の大きい株式銘柄は投資家にとっては、当然のように投資対象となります。

割安感が強いと感じるのは成長性が高いということになるので、投資対象としては最良であると言えるでしょう。そうすると、割高感が高い銘柄は株が下落する可能性が高くなるので、投資対象から外れます。そうすると企業は資金調達にも支障をきたすことになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ