自己資本とも呼ばれる貸借対照表の資産の部に表される株主資本

株主資本は自己資産とも呼ばれ、企業会計の貸借対照表の純資産の部の中の資本金、資本剰余金、利益剰余金、自己株式などから構成されている勘定科目です。2006年の会社法の施行前までは、資産の部の金額のことを指していました。

これは資本産、自己資産とそれぞれイコールという関係が成り立ち、これは資本金や法定準備金、剰余金などから構成されていましたが、前述した2006年の会社法の施行後は、資産の部に代わって純資産の部となったことにより、その構成項目が変わっています。

このことから、評価・換算差額等、少数株持分、新株予約権と共に、純資金の部の一つの構成項目となったのです。株主資産は、貸借対照表の純資産の会計期間による変動額の中で、主に株主に帰属する部分である各項目の変動自由を報告するために作成する株主資本等変動計算書に決算書として表示されます。

この決算書は、新会社法により株主総会決議があればいつでも配当ができるようになり、従来の利益処分案では対応しきれなくなったために作られました。前期末の残高から、当期残高へどのように変動したかを表示するものが新たに求められた結果であるといえるでしょう。

この決算書には前述した、資本金、法廷準備金、剰余金などの項目ごとに分類して前期末残高、当期変動額、当期末残高を表示しています。変動額は変動自由を明らかにする必要があり、その事由とは新株の発行や、剰余金の配当、そして当期純利益です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ