既存の株主へ新株予約権を割り当てる株主割り当て増資

株主割り当ては企業が資金調達のために新株を発行するにあたり、新株の割り当てを受ける権利を既存の投資家に与えて行うようなことで、株主割当増資とも呼ばれます。たいていの場合、投資家は自分の持つ株数に応じて有償で新株を割り当てられるのですが、割り当てを受けた投資家に申し込みや払い込みを行う義務は特にはありません。

申し込みが無ければ新株予約権は失効することになるでしょう。また、新株の払込金額は株式相場での時価額には影響なく設定され、一般的には従来からの投資家の経済的利害を害ないことから時価額よりも低い払込金額で発行される場合が多くなっています。

株主割り当ては一般的に、資金調達が比較的確実であることがメリットでしょう。増額資産の前後を通じて、投資家構成や持分割合に大きな変化が生じないことも有利となります。

なお、本方式以外に資金調達のために新株を発行する際の増額資産には、特定の第三者に新しい株を引き受ける権利を与える、第三者割当増額資産や広く一般投資家を募る投資家を募集し新しい株の割当を受ける権利を与える公募増額資産があります。

株主割り当て以外には、第三者割当増額資産、公募増額資産は有償増額資産が挙げられます。この方法で確実というわけではありませんが、資金調達としては従来の株主とそれ以外で広く募ることができるので資金調達がしやすい方法といえるでしょう。もちろんこの中でも従来の株主に引き受けてもらう本方法が資金調達の一番の目的となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ