デットファイナンスとも呼ばれる資金調達を行う借入金融

借入金融はデットファイナンスともいい、シンジゲートローン、社債発行、銀行借り入れ、私募債発行を利用する資金調達のことです。一般にエクティファイナンスが資本の増加を伴うのに対して、こちらは負債の増加を伴うところが対局として大きな特徴でしょう。

負債としての資金調達であるため、企業会計上の貸借対照表では負債の部に記載されます。シンジゲートローンは協調融資とも呼ばれていて、一通の融資契約書に基づいて複数の金融機関が強調して融資を行う方法です。また、私募債発行は縁故債や非公募債とも呼ばれていて、少数かつ特定の投資家を対象に発行される債券のことです。

名前からもわかるように身内に対して融資を募る場合にも用いられます。ですので、一般的な人から融資を募る公募とは対極にある概念と考えていいでしょう。
損失であることから借入金融は返済の義務のある資金であり、支払利息がコストとして発生します。

この場合の損失は、他から金銭や物品を借りて返済の義務を負うことであり、企業会計においては他人資本とも呼ばれています。貸借対照表の中でも流動損失あるいは固定損失に分類され、1年をめどに支払期間が短期か長期かで、流動損失あるいは固定損失に分類されるようになっています。

借入金融にはレバレッジ効果が期待できる反面、財務面での安全性に不安があることが懸念材料でしょう。一方で負債であるため、支払利息は損金に算入されるため、その分課税対象額が低減されるので節税効果があることがメリットです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ