企業財務の健全性を見る指標の一つのギアリング比率

ギアリング比率は負債比率あるいは、レバレッジ比率と呼ばれ、企業財務の健全性を判断する指標の一つです。企業の自己資本に対する有利子負債等の割合を示す数値として用いられます。

本指標は、返済義務のある有利子負債がどれだけ返済する必要のない自己資金でカバーされているかを示しており、一般に100%を下回ると財政状態が安定しているとされています。

また、この数値が低いほど借金の少ない会社といえるでしょう。借金が少ないということは一見いいように思えますが、ある程度の借金がないと逆に評価が下がる場合もあります。ギアリング比率は、企業の財務分析において、貸借対照表の貸し方側の資本構成を示す指標です。

この比率を低くさせるには、有利子負債の削減あるいは利益拡大による内部留保の増大が必要となります。いうなれば、借金の割合を少なくするということになるのです。
ギアリング比率は有利子負債から自己資本を除した百分率で表され、企業の財務の安全面について、100%以下であることが望ましいとされています。

それは自己資本比率が高いということになるからです。ですので、低ければ低いほどよいということになるのですが、一方でこの指標が低すぎると財務レバレッジが機能しなくなるため、株主にとっては投資効率が悪くなってしまいます。

これは負債で稼いだ収益下負債コストを上回ったときに、借金が大きいほど利益が多く生み出され、株主資本利益率が改善されるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ