売上や仕入に対して設定される債権債務の総称の企業間信用

企業間信用は通常における、企業間取引において、商品やサービスの納品、納入とその代金の支払いをずらすことによる貸借取引のことです。売上や仕入に対して設定さえる債権債務の総称を表しています。

これについては企業間での掛売や掛買などの商取引が該当し、具体的には売上債権としての売掛金や受取手形、これは一般的に請求書にも繋がるものです。買入債務としての買掛金や支払手形、これは仕入れ先元帳などにもつながります。

企業間信用の仕組みは、売り手側から見ると、売上代金の支払いを先延ばしにすることで売掛金が発生し、請求書を発行することで後日請求書が送付され、現金か手形あるいは銀行振り込みで代金を受け取ることになります。いっぽう、買い手のほうでは、購入代金の支払いを先に延ばしてもらうことで買掛金が発生します。

後日請求書が送られてくるのでそれに対して、手形や現金あるいは銀行振り込みで代金を支払わなければいけません。外部金融の企業間信用である買掛金と支払手形については、ある一定期間の決済に関する資金の節約分だけ資金調達を行ったのと同じ効果があります。

これは売り手が取引先である買い手を信用して行われるのですが、時として回収不能のなることもあるので、当然取引先への与信管理は重要となるのです。また、企業間の取引については会計上の利益の発生と現金による入金にはタイムラグが発生するため、資金繰りには十分な注意が必要となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ