財やサービスを生み出すために直接必要として経費としての原価

原価は、元々の意味としては文字通り、もとの値段ということです。企業会計上においては、商品の利益を含めない仕入の値段、あるいは製品の生産・販売に要した費用を単位あたりに計算したコストのことをいっています。

また、企業会計上の計算における定義では、経営におけるある一定の給付に関わらせて把握された財貨、あるいは用役の消費を現在の貨幣価値で表したものです。関連用語として、売上原価などは財やサービスを発生させるために直接必要とした経費の総称といい、また製造面では工場での製品の製造に要した費用のことをいっています。

概念としては、物販業あるいはサービス業、製造業など全ての産業の事業内容によって大きく異なることがありますが、いずれにおいてもこれを以下に低減するかというのは、経営においても経営者に課された大きな課題でしょう。

企業が成長していくためには常にのしかかってくるのが経費削減です。かつては経費などのコストや費用には、多少目をつむっても売れればいいという風潮がありました。しかし、これは今では簡単に売上を伸ばすことはできません。もちろん製品の価格を落とせば売れるのですが、それをしてしまっては収益を圧迫することになります。

そのために、一つあたりに製品を作るためにかかった費用を管理するのに必要な原価管理が、企業にとってとても大切になってくるのです。特に製造業については、この管理を徹底的に行わなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ