企業の財務分析や管理会計で使われる指標である限界利益

限界利益は、企業活動における財務分析や管理会計で示される指標です。売上高から、材料費、人件費などの変動費を差し引いたものをいい、これは収益と固定費の合計を表したものといえるでしょう。また、これを売上高に対する収益の割合を示すこともあります。

限界利益は、売上高と変動費の差引金額であるため、企業会計上の損益分岐点売上ではこれが固定費と同額になります。これは、すぐに固定費を回収することができる事を意味し、さらに損益分岐点売上高より上になると、固定費を回収してさらに収益を押し上げることになるのです。

一般的に企業活動においての内部分析でも使用され、たとえば部門毎、商品毎あるいは地域毎でそれぞれこの率を求めることができます。そして、比較的簡単に収益性の明確化が可能で、改善すべき点、修正すべき点などを洗い出すのにとても便利なのです。

限界利益は固定費をまかなう利益であるため、固定費を回収出来る収益ということで、貢献利益とも呼ばれています。計算は売上高から変動費を差し引いたもので、これは収益と固定費を加算したものとイコールとなります。

また、これから売上高を除して百分率で率を示す場合もあります。ちなみにどこが限界なのかわからないという指摘もあります。英語の(marginal profit)からきているため、直訳したものがそのまま名前になったということですから、限界という言葉的なニュアンスはあまり意識しなくてもいいかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ