企業において資本の額を減少させることを示す減資

減資は資金減少の省略形です。株式会社あるいは有限会社において、資金の額を減少させることを示しています。これは、企業が事業活動において大きな損失をだしたり、事業経営において多額の赤字を累積したりした場合に欠損を解消する目的で行われる場合があるのです。

また、合併によって膨れあがった資本金を減少させる目的で行うこともあります。また、2006年の5月に施行された会社法において、資本金の額の減少と規定されており、これにより位置づけとしては資産の分の変動に過ぎないという定義になったのです。

減資が行われた場合、差益ではなく差損が生じることがあります。差損の場合は1株あたりの資本金を超える価額で株式を買い入れた場合に発生します。企業が株式を買い入れて消却するという行為は企業と株主との間の取引ということになるので、資産取引にあたり、この資産取引から生じた資産剰余金から差損を減額するのが妥当でしょう。

また、株式消却は株主が保有している株式を企業に売却する行為なので、株主の受け取った対価は株主特別配当ということになります。このように解釈すると差損は株主配当に充てられる利益剰余金から減額するということになるのです。

減資については、企業財産の一部を株主に返還して、企業の事業規模を縮小する目的と、経営悪化などで欠損が生じた場合に財産の払い戻しをせずに資本の額だけを減少させることで欠損を縮小あるいは消滅させる目的もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ