企業の短期支払い能力を見るための財務指標である現預金比率

現預金比率は現金預金比率とも呼ばれています。企業の通常活動における短期的な支払い能力を見るための財務指標です。現金、貯金の合計額を流動負債で除した百分率で表します。
本指標は、現預金に対する流動負債の割合であり、危急の際に支払いが可能となるキャッシュだけで企業の支払いに対する能力を判定します。

一般に受取手形、現金、貯金、売掛金、そして有価証券などで構成される当座資産に対する流動負債の割合である当座比率よりもいっそう厳格に、企業の危急に際に対しての支払い能力を見る場合に使用されるでしょう。

現預金比率が高くなるほど、短期的な企業の支払い能力が大きいことを意味しています。即払いが可能な現金貯金のみで支払いの余力を判断するため、売掛金や有価証券など現金にするのに時間を要る当座資金を用いている当座比率よりもさらに厳しく支払い能力を判定しているのです。

この現貯金比率は、現金預金から流動負債を除した百分率で表します。これが100%を超えていたら、短期の債務であれば即返済が十分に可能という資金力があることになります。企業の事業活動における財政状態の安定性を計る指標の一つです。

また、これは業種によって違いが大きいので比較対象は同業他社ではないと意味がありません。企業として、この指標を常に高く維持していくことはどのような状況になっても対処が可能ということで、企業力のアップに繋がるのはもちろんですし、事業活動において早急にお金が必要となったトラブルにも迅速に対応することが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ