企業の財務分析や管理会計で使われる指標である貢献利益

貢献利益は限界利益とも呼ばれています。企業の財務分析や管理会計で使われる指標で、売上高から人件費や材料費などの変動費を差し引いたものです。言い方を変えると、利益と固定費の合計費となります。また、収益率は売上高の中の収益の割合を示します。

貢献利益は売上高から変動費を差し引いたもののため、企業会計における損益分岐点売上高では固定費と同額となります。以上のことから、これにおいて固定費を回収することができるのです。

また、損益分岐点売上高より大きくなると固定費で回収してもさらに収益を含む形となり、一般的には、企業の内部分析で使われることが多いのが特徴でしょう。例をあげると、部門別、製品別、地域毎など、それぞれにこの利益率を求めることで簡単の収益性の計画かが可能であり、改善すべき点をチェックするのに便利なのです。

貢献利益は固定費のみを控除するため、実感よりもより稼げる値として表示されがちです。これは財務会計の収益との違いが大きすぎてピンとこないということ、これがプラスなら問題なく値引きも可能であるという実測値を無視した錯覚を生みやすくなってしまうでしょう。

そのため、部門別あるいは製品別などといったようにセグメントごとの最終収益を出すのです。名前の通り貢献ということですから、人件費などの経費が少なければこの値は当然のように上がっていきます。企業の経営上、この値が大きくなればなるほど収益性は上がっていくということになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ