企業が継続的に居住・滞在する目的以外のために設計された構築物

構築物は、人が継続的に居住または滞在する目的以外に設計構築されたもので、土地の上に定着する以外の企業会計で定めるところの建物以外の建造物、土木設備、工作物のことです。もちろん企業会計上の勘定科目ということになります。

本用語は建築分野での建築物と区別する際にも用いられ、その具体例としては、煙突、看板、堀、広告塔、舗装道路、鉄塔、庭園や花壇などの緑化設備、駐車場などの土地のアスファルト塗装などがあげられるでしょう。

構築物を企業会計上の勘定科目として用いる場合、貸借対照表の固定資産の部に計上されます。また、その価額は原則として1個ごとに評価しますが、2個以上でそれらを別々にした場合はそれぞれの利用価値を著しく落としたと見られるものに対して、それらを一括して評価することになりました。

構築物の価額は、再建構築価額から、建築の際から課税される時期までの期間、これはその期間に1年未満という端数がある場合はその端数は1年とする期間ですが、その期間の償却日の額の総合計額、または原価の額を控除した金額の100分の70に相当する金額によって評価されます。

この場合における償却方法は、定率法によるものとして、その耐用年数は耐用年数省令にさだめられている耐用年数によることとされています。

定率法は減価償却の初期において、多くの減価償却を計上する方法であり、一般的にも広く使われている計上方法です。なお、償却率は残存価格が残るように耐用年数によってあらかじめ決まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ