企業が新株発行により資金調達を行う方法の一つである公募増資

公募増資は、第三者割当増資や、株主割当増資とともに、企業が新株発行によって資金調達をする方法の一つです。

企業が資金調達のために行う新株発行の際、既存株主、お得意先、取引先銀行のような特定の投資家ではなく、個人を含め広く世間の投資家を対象に手を挙げる人を募り、新規株式の割当を受ける権利と与えることで行う増資のことをいいます。

この目的は、新規事業あるいは、設備投資などで資金を広く集めることです。既存株主よりも間口を広げているのでより多くの資金を集めることができます。同時に株主層の拡大や株式流通量の増加というメリットもあるのです。

一般に公募増資での支払い額は、時価より少し低めとなる場合が多く、時価よりも特に有利な価格で発行する場合には、特定の投資家の利益の守るために株主総会でそのわけを提示して、特別決議を受けなくてはいけません。

また、払込金額の決定方法には需要状況を把握することで、市場動向に即した払込金額は決定できるブックビリディング方式という方法が用いられます。
株式相場のトレンドが上昇傾向にあるときは、株式の量が増えることによる需要の悪化の懸念はあまり大きくクローズアップされません。

しかし、相場のトレンドが下降気味のときは、需要の悪化懸念が大きく前面に出てさらに株価の下落を招いてしまうことがあるでしょう。なお、公募増資に対して、50名未満といった特定少数の投資家、あるいは50名以上でも相手方が的確機関投資家、いわゆるプロである場合には私募増資とよんでいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ