貸借対照表から財務の安全性を見るための固定比率

固定比率は、企業会計の貸借対照表から財務の健全性を見るための指標の一つであり、固定資産から株主資本を除した百分率で表します。本指標は設備投資等の固定資産の調達が、返済期限の定められていない株主資本でどのくらいまかなわれているのかを示すものです。

固定長期適合率と共に、企業の資金源泉と資金の使い道の適合状況を分析する際に使われます。一般に固定資産の定義というものは、1年以上にわたって使用される資産です。そのため、この調達源泉は返済期限が定められていない株主資本でまかなうのが望ましいでしょう。

そして、固定比率が100%以下であれば企業の経営上においても一つの理想とされているのです。いっぽう、その比率が高すぎると、借入金等での資金調達が多いことを示し、企業の経営において財務が不安定で、安全性が低いという判断になります。

日本企業の資金の調達においては、株主資本より長期借入金などの固定負債に依存してしまうことが多いので、現実的に考えてみても固定比率が100%以上である企業が多いのも事実です。

固定資産は企業の事業活動において得られる収益から回収がなされていくものであることから、借り入れではなく自己資金でまかなわれているのが理想です。

このことから資金調達の実情に即して、固定資産を株主資本と固定負債の合計で除した比率である固定長期適合率が本指標よりも重用される傾向にあります。そしてこの比率が100%以下であれば安全で望ましい水準とされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ