棚卸資産の回転効率を表す指標の在庫回転率

在庫回転率は棚卸資産回転率とも呼ばれています。在庫の回転効率を表わす一つの指標で、会計年度期間中の売上高を商品で除したものです。この場合、売上高の代わりに売上原価を使う場合もあります。

売上原価は企業会計上の損益計算書に記載する費用の一つです。企業が商品を仕入れたり、サービスを提供したり、製品を製造したりするときにかかる仕入原価、あるいは製造原価のことをいいます。この売上原価は業種によってその具体的な内容がことなり、また業種によっては異なる名称の費目を使う場合があるでしょう。

棚卸資産とは、企業の本来の精算や販売及び管理活動に必要な資産であり、企業が販売する目的で一時的に保有している商品や製品、半製品、原材料、仕掛品などの総称として用います。

在庫回転率は、商品や製品などの販売がいかに効率よく行われているかを見る区立性分析指標で、一般的に回転率が高いほど、商品の入庫から販売までの期間が短く在庫管理が効率よくかつ機能的に行われていることを示すのです。

在庫回転率は、企業や業種によって数値がかなり変わるでしょう。その分析には各期の数期間を比較したり、規模が同等な同業他社間を比較したりするとよいとされています。また、売上高が急上昇している愛は商品もそれにつられて急激に上昇している傾向にあります。

この比率が悪化してきたら、資金繰りにも英起用が出る可能性があるので、不良在庫がないか、あればいかにさばいていくかが重要です。製造業の場合は、企業の戦略上の優先度や製品毎の利益率を考慮にいれて商品管理を行うことが望ましいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ