独立した科目を設けるほど重要でない出費である雑費

雑費は、企業会計の中で、販売費及び一般管理費のうち、独立した勘定を作成するほど重要でない出費と計上するための勘定科目です。本勘定は、販売費及び一般管理費の中で、他のその勘定にも当てはまらない、当てはめにくいものや、その発生頻度が稀であり、独立した勘定として処理するほど金額的にも少額で重要でないものとなります。

金額は臨時的な費用であり、継続性はないか年に数回というくらいの発生頻度で取引金額が少ないものとなります。具体的には信用調査費、現像代、正月用飾り代、不要品処分代、クリーニング代、花代、引越し費用、市区町村に支払う廃棄物処理手数料、清掃代、各種証明書の発行手数料、官報公告などです。

これらは、雑費として損益計算書上にある販売費及び一般管理費に計上されるでしょう。同様で間違えやすい勘定科目に雑損失がありますが、これは営業外費用として計上されます。

雑費については、財務諸表において唯一その使い道が目一区ではない営業費用という経費であるため、この金額が多いあるいは大きくなると経理上好ましいものではありません。税務署にも不審の目を向けられることが多く注意が必要です。監査の時にも指摘を受けることがありますし、改善指示がでることもあるでしょう。

そのため原則として、従来からある既存の科目で処理できるものはその科目で処理し、また1年の中で発生頻度の高いものや年間支出額が多いものについては新しい勘定を新設したほうがよいのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ