企業が会社内部から直接資金を調達する自己金融

会社が会社内部から直接資産を得ることを、自己金融と言います。内部金融とも呼ばれ、具体的には会社内である利益の蓄積となる内部留保と、現金支出が発生しない経費の計上による資金留保効果の減価償却に出来る資産調達のことを指すのです。

これは会社内の努力により売上を増加することができれば資金を得ることができ、また事業活動における経費を削減すれば、手元に残る資金を増加させることができるでしょう。

一般に会社の資金調達には、企業内での資産調達をする自己金融と、ローンなどの企業間借入と社債発行や株式発行などの証券などで資産を調達する外部金融の2つがあります。減価償却日の自己金融効果についてですが、これは結果として減価償却の分、お金が会社に残るというものです。

これは減価償却費の計上により、利益とお金の収支が一致しなくなるために起きます。減価償却費は金額の支出の発生が無い費用で、このとき利益が0円であっても、減価償却費の金額だけお金が企業に残ることとなるのです。また、資金調達には内部の他に外部もよく利用され、文字通り自社以外の外部からの資産調達ということになります。

これには掛けによる企業間信用、金融機関からの間接、そして資産供給者から直接資金を調達する直接の3つがあります。この外部金融は直接的な企業においての重大の債務となり、債権と比較してこの金額が突出してしまうと企業の経営にとって容易ではないとても大きな要注意事項となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ