財務体質の安全性を見る基本的な指標の自己資本

自己資本は、企業会計上の貸借対照表において、広い意味では資産の部と負債の部の差額である純資産の部の金額ということです。いっぽうの狭い意味では、純資産の部の中の株主資本の金額のことをいいます。

2006年の会社法の施行以前は、資産の部の金額のことを指し、本費目は資本とイコールであり、かつ株主資本ともイコールという関係が成立していました。

これは資本金や法定準備金、剰余金などから構成されていたのです。それが会社法の施行後は、こちらから純資産の部と改められたことにより、その構成項目が変わったため本費目の定義が曖昧になったのです。

そのため、用語としては純資産を指して使用することもありますし、株主資産を指して使用することもあります。また、本費目の比率を計算する際には、新株予約権と少数株主持分は計上されないので注意が必要でしょう。まとめると、本費目を構成するものとして、資本金、資本剰余金、利益剰余金、自己株式でこれらが株主資本です。

他にはその他有価証券評価差額金、繰延ヘッジ損益、土地再評価差額金があり、上位費目として評価・換算差額金となります。

自己資本の意味合いは、従来からの基本的に変わらず、借入金や社債などから構成される債務でもある負債とは違い、返済の義務がないため、経営を安定させるうえでも、その充実は非常に重要であるといえるでしょう。本費目と対比の意味で他人資産がありますが、これは損失のことで、返済義務のある調達資産という意味があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ