企業が所有する現預金・有価証券・土地・建物などの資産

資産は、一般的には個人または企業は所有する現金や預貯金、有価証券、土地や建物などの財産の総称です。また、企業会計上においては、貸借対照表の借方項目で示される、流動、繰延、固定のことを指します。いっぽう、固定と流動の分類は正常営業循環基準とワン・イヤー・ルールによって行われます。

正常営業循環基準とは貸借対照表において、事業活動において正常な営業循環、いわば営業サイクル内にあるかどうかで固定や流動のいずれかに分類する会計上のルールのことです。具体的には現金から仕入、商品、販売、売上、現金といった、企業の通常の事業活動で生じるものを流動と判断するためのものです。

もう一つの分類基準であるワン・イヤー・ルールは一年基準とも呼ばれ、貸借対照表において、決算日の翌日から数えて、一年以内に資金の回収や支払いができるかどうかによって分類する会計上のルールを示すでしょう。

固定資産は企業が事業活動の販売目的ではなく、長期的にわたって利用または所有するものを指します。有形固定、無形固定、投資その他に分類されます。

流動資産は一般的に当座と棚卸、その他に分類され、棚卸には貯蔵品、消耗品、原材料、商品、製品、半製品、仕掛品などがあります。その他流動については仮払金、未収金、短期貸付金、立替金、未収収益、前払費用、前渡金などです。繰延は収益との関係から時期以降に渡って、その効果の及ぶ間に配分処理されたものをいいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ