仕入先に代金支払いのために振り出す商業手形である支払手形

支払手形は、企業が商品やサービスなどを仕入れた代価として、仕入れ先にその代金を支払うために振り出す商業用のものを指し、一般的に有価証券は約束手形と為替手形の二種類があります。約束は、振出人が受取人あるいはその指図人に対して、一定の期日に一定の金額を支払うことを約束する有価証券です。

一方の為替手形は振出人が支払人に委託し、受取人あるいはその指図人に対して、一定の期日の一定の金額を支払うことを約束する有価証券です。簿記会計上では、約束と為替形の二つを区分けして取り扱うことはなく、同じ勘定科目として処理を行います。

支払手形は、企業会計の貸借対照表において、貸方項目の負債の部に計上され、流動負債の一つとなります。また、通常の事業活動において営業取引から生じたものを対象として、通常の営業以外の取引から生じたものについては、営業や設備払のそれと区別した別の勘定科目で明確に区分けしなくてはいけません。

支払手形に対して受取があり、これは事業活動に対して商品やサービスを販売した代価として、販売先から受け取った商業のことです。一般的に約束と為替の二つがあります。

以上のことから商品を販売、あるいはサービスを提供した側がもつ有価証券が受取手形となり、相手方は本費目になるということです。当然相手が提供したものはこちらからは本費目となり、相手側は受取となりますから、本費目はまったくの対称となる勘定科目ということになるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ