受領したことを証明し、相手に渡す書類である受領書

受領書は、会社会計上の商品や製品、またはお金を受け取った際、受領したという証明として、それを渡してきた相手に渡す書類を指します。基本的に、相手からサービスや物品を受け取り交換するように同時に渡すものになります。身近な例では宅配便があり、荷物を受け取るときに、印鑑を押す書面がそれにあたります。

書面に印鑑を押し証明するからこそ、荷物の受け渡したかどうかというトラブルを防ぐことができるのです。受領書を渡すと、代わりに相手から渡されるもの、それが納品書です。この納品書には、何をどのくらい渡したのかが明記されており、実際に受け取ったものと照らし合わせて確認することができます。

宅配便なら、商品と一緒に入ってる詳細が記された書類のことを指しており、この二つの書類が双方の手元にあることで、商品や金銭の取引が行われたという証明ができるのです。

領収書と類似しているため、混同されがちですが異なります。領収書は金銭を支払ったことを証明する書類で、買い物をして発行されるレシートがそれに当たり、これは支払った本人が保管するものです。

受領書は金銭だけでなく、物品にも発行されます。領収書とは違い、これは引き渡した側の立場の人がが保管することになっています。金銭や商品の受領があった際に発行されるという点は同じなのですが、保管する対象が違うのです。

この点を踏まえれば、混同してしまうことは無いでしょう。トラブルを防ぐ観点で言うと、サービスや物品を引き渡したのに受け手が仮に受け取っていないといった主旨の主張をしてきた場合に相手のサインをもらっておくことで引き渡した証拠となるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ