純資産額が法廷資金の額を超えた余剰分である剰余金

剰余金は、企業の純資産額が法廷資産の額を越えた、余剰分のことをいいます。その具体的な内容については、大きく企業会計原則の会計上と会社法上とに分けられ、それぞれでは異なるという点に注意が必要です。

会計上の剰余金とは、資本、資本剰余、利益剰余で分けられる資本の部を校正するものという概念です。そして資本取引から生じた金額は、資本準備金とその他に分類されます。資本準備金とは企業において、株主から払い込まれた投資金額のうち、資本金に組み入れられなかった金額が積み立てられた金額のことです。

これは利益準備金とともに、会社法により会社に対して積み立てることを強制しているお金の法定準備金を構成します。利益準備金については利益を源泉とするものであり、つまりは会社に留保したもので、いわゆる内部留保にあたり利益準備金とその他利益に分類されます。

会社法上は、資本金と法定資本準備金以外のものを指します。企業会計の貸借対象表上において、その他と記されているものとあるのです。ちなみに本費目の処分とは、構成する各科目の金額を変更することを指し、会社財産の流出を伴いません。

また本費目の配当とは、会社法上で用いられている概念で、利益配当ではなく、中間配当、あるいは資本及び、準備金の現象に伴う株主への払い戻しも含めて、会社財産の流出を伴うものなのです。ですから、株主にとって企業の剰余処分という言葉は配当につながる喜ばしい言葉だといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ