特別損失が原因で発生する税引前当期純損失

税引前当期純損失は、他に税引前当期損失といった呼び方もあり、会社会計上にて経常損益または経常損失に特別利益を足したあと、特別損失を差し引いた結果の金額がマイナスになることをいいます。このときの金額が収入になった場合が税引前当期純利益です。

この利益から住民税や法人税などと、税効果会計により出された調整額を引いた損益が損失となると、税引後当期純損失となります。経常損益とは、企業の一事業年度の経営によって発生した、収入または損害のことです。

この期の営業損益、つまり企業が主とする営業活動によって生まれた損益に、営業外収益や営業外費用を用いて計算します。これはどちらも営業損益でない活動から一定に発生するものです。特別利益とは、通常の企業活動で得る利益ではなく、特別に発生した一時的な利益のことです。

例えば、不動産の売却や、証券の売却など、企業の業務内容ではないところで得られます。特別利益の反対になるのが特別損失であり、これが税引前当期純損失を生む原因になっています。内容ももちろん反対で、こちらは一時的に発生した損害です。例えば、火災事故や地震などの自然災害、不動産の売却などによるものが挙げられます。

両方に共通しているのは、業務に関係の無いところで起きた金銭の動きであるということです。そのため、不動産会社が物件の売却によって収入を得たり、損害を出したりしても、このどちらにも含めることはできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ