全ての収益から全ての費用を引いた結果がプラスの税引前利益

税引前利益は税引前当期純利益、または税金等調整前当期純利益などと呼ばれています。企業の一事業年度に発生した全収益から、同じく発生した費用を引いた、企業の期間的な処分可能利益です。損益計算書上で経常利益に特別利益を加えた上に、そこから特別損失を引いた結果の収益のことを指すのです。

また、これがマイナスになったときは税引前当期純損失となります。
結果が収益になる理由として特別利益があり、これは企業の事業活動とは直接関わりの無い部分で特別に発生した臨時的、偶発的に生じた収益です。

具体的には投資有価証券売却益、固定資産売却益、子会社株式売却益、関係会社株式売却益などの項目があります。これに該当する項目であっても金額がわずかな費目や、毎期発生する費目については経常損益系サインに含めることができるとされています。又、特別損失は、反対に特別な要因で発生した損失です。

具体的には、固定資産除去損、固定資産売却損、投資有価証券売却損などがあります。その対象となる範囲については、費用として企業会計上では認められませんが、税法上の特典を受けるために費用処理する必要のあるものも計算できるとされています。

一般的に経常利益が、毎期の経常的に発生する損益だけを組み入れて損益計算した収益であるのに対して、税引前利益は、臨時的な損益を損益計算から外さないで全て組み込んで求めたものです。これは、税金を差し引く前の企業の処分可能な収益であることを指しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ