前期の経常利益に対して当期どれだけ伸びたかを示す増益率

増益率は、企業会計上の財務諸表分析のひとつで、前期の経常利益などに対して、今期の利潤がどのくらい上昇したかを示す伸び率をいいます。

一般的に経常利益とは、損益計算上において、営業利益あるいは営業損失に営業外収益を加算し、そこから営業外費用を差し引いたあとのもののことで、本業の事業収益力を示す営業損益に通常行っている財務活動の総益を加える、あるいは減算して計算されるため、通常の企業の事業活動全体から得られる利益収益力を示しています。

その企業の財務力を含めた総合的な実力を知ることができるのです。
増益率は、投資家の株式投資の対象として、その企業が投資に値するほど有望かどうかを判断する大変重要な指標となります。

一方、経常利益の段階では減益にもかかわらず、不動産売却益などで多額な特別利益が計上された場合、最終の段階では増収増益となり、一見本業の事業活動で増益したように見えるケースもあるので注意が必要です。株主でもある投資家は一番気になるところでもある一株あたりの利潤についても計算してみるとさらに詳しくわかるでしょう。

増益率は、こういったものだけにこだわらず、企業の事業活動での営業や純利をその分析対象とするときもあります。投資家が投資をする際にこの指標ランキングを見て投資する企業を決めるというくらい企業にとっても資金調達のためにとても重要な指標となるのです。

それはやはり現在の企業戦略が正しい方向を向いているのか、過去数年の計画通り利潤が出ているのか等をわかりやすく知ることが出来る為投資をする株の企業価値を図るひとつの手段といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ