総資産がどれだけ有効に活用されたかを示す総資産回転率

総資産回転率は総資本回転率とも呼ばれています。企業の各事業年度において総資本をどれだけ効率よく利用して、事業活動において売上を伸ばしているかを見る指標となっています。

この財務指標は売上高と資本の関係に着目しており、具体的には売上高を総資本で割ることによって回転率が求めることができます。一般に事業活動に投資したのは売上によって回収されるため、その回転率が大きくなるほど企業の資本が効率よく利用され、たとえ少なくても大きな売上を達成していることになるのです。

総資産回転率を上昇させるには、現在の総資本を増やすことなく効果的な販売戦略によって売上高を増加させるか、あるいは現在の売上高を維持しつつ、不必要であるものを処分、圧縮して減少させなければなりません。

また、この指標は日数で表わす時もあります。総資産回転期間は総資本が売上高の何日分に相当するかを示すことができ、つまり期間で表わすことができるのです。総資産回転期間は、総資産を売上高を365で除して得た値から、さらに除すことで表わされます。

本指標が高いほど、1年間に何回売上高という形になったかを示す数値で、いかに効率よく売上に結びついているかを示す指標となっているのです。企業の収益性、事業の健全性を表す指標として投資家も投資をする際の参考にしていますから、注目度も高く置かれ、企業も資金繰りもあり、この点はとても重要視している指標でもあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ