総資産がどれだけの利益を出しているかを示す総資産利益率

総資産利益率はROE(Return On Asset)とも呼ばれ、他に総資本利益率といった言われ方もします。企業が全ての持ち物を活用して、どれだけの利益を上げているのかを表すための総合的な収益性の財務指標です。本指標は利益を総資産で除して算出されます。

分母であるこの数字は企業規模を表わし、分子の利益については企業の一定期間の最終的な事業成果である当期純利益を用いるのが一般的です。一方、当期純利益の代わりに経常利益や営業利益が使われる場合もあります。

同業種の競合他社と比較されることが多く、投資家の注目度も高い指標であることから、本指標の改善を経営課題の案件として取り上げる企業も多いのです。

一般的に総資産利益率は、企業が持っている総資産が、事業活動を通して利益を獲得するためにどれだけ有効活用されているかを表わしていて、企業の収益効率を調査する指標として株主資本利益率と共によく活用されています。

また、この利益率は売上高利益率に総資産回転率を乗じたものでもあります。売上高利益率は利益から売上高を除したものであり、総資産回転率は売上高より総資産を除したものです。これらのことから本指標は企業の収益性と効率性と同時に示す指標といえます。

そのため本指標を上昇させていくには売上高を上げていくこと、どれほど企業の持ち物が効率よく動いているのか、利益を上げているのかを見る事が大事となり、それと同時に不要な資産を処分することも重要となっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ