経営効率性を総資本で計算する総資本利益率

総資本利益率とは企業の収益性を示す用語です。経営効率性をはかる指標のことで、ROAとも呼ばれていて、当期純利益を総資本で割ることで求められます。

これにより、運用された総資本がどれだけ当期純利益をあげたかの効率性を見ることができるため、これが高いほど効率良く利益を出されていると言え、原則的には高いほどいいとされています。この指標は同じ業種の競合企業と比べられるとこが多いため、投資家に注目されていることから、改善を課題とする企業も多くあります。

総資本経常利益率とも呼ばれ、基本的には同じ意味のものです。計算に経常利益を使用する人もいるため、このように言われることもあるのです。
これに類似しているのがROEで、これは自己資本利益率を表します。

ROAがすべての資産でどれだけの収益を出しているのかを見る指標で、ROEは株主資本で収益を出しているのかを見るものになります。大きな違いは収益が自己資本か総資産かで出されたかというものです。

総資本利益率は高い方がいいのですが、高いからといって安心というわけではありません。それは借金が多い企業となります。自己資本が少なくとも、多くの借金で効率良く収益が出せていればこの指標は高くなるのです。

良く言えば少ない自己資本で効率のいい経営ができているということでもありますが、あまりに借金が多いと注意が必要です。ROA、ROEともに高ければいいのですが、ROAが極端に低いと借金に頼っている可能性があると分かります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ