利益がゼロとなる損益分岐点の計算式を知る

損益分岐点というのはタイトル通り、利益でもなく損失でもないという状態を指します。つまり、利益がゼロということなのです。これは経営上とても重要な部分で、この数字を把握することで、経営状態がいいのか悪いのかそのどちらに会社が今あるのかを見る、まさに企業が存続するかのバロメータと言えるでしょう。

そのため、全社員一丸となってこの損益分岐点を超えるように日々努力をしていかなくてはなりません。一般的な利益の計算というのは、売上金額から変動費、固定費を引いたものなので、ここから算出が可能です。まず、売上金額から変動費を差し引いた金額を「限界利益」という言葉に置き換えます。

こうするとこの金額から固定費を差し引いたものが利潤となるため、つまりは限界利益は利潤と固定費を足した金額となります。利潤はゼロですから、金額は固定費より「限界利益率」を割ったものとなるのです。

計算式で表すと、限界利益率=限界利益÷売上高となりますが、売上に対するこの数値の比率を知る計算です。この会社にとって損益分岐点を知るのはとても大切です。これによって損益予測、あるいはそこから一層のコストダウンがはかれるかどうかを把握可能なためです。

これは売上高を伸ばすだけが利益につながるのではなく、売上は上げずに流動する部分のコストを下げることでも利益をはかれるということを指します。その基準となる数字を見つける指標としてこれを出し、時期によっては攻めずに守りの体制で利潤を守りに行くのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ