金融機関などから資金調達した1年以内に返済する短期借入金

短期借入金は、金融機関から資金調達した金額の内、1年以内に返済する借入金のことです。その資金の調達先として、銀行、労働金庫、信用組合、信用金庫などの金融機関、関連会社や株主、役員などがあり、借入方法としては、ビジネスカードローン、当座貸越、手形借入、証書借入などがあります。

これは主な使い道として、運転資金や、賞与資金、決算資金などに利用されます。分割払いによっては返済期日がくるたびに借り換えで対応することも多く、あまり短期の借入に頼りすぎると財務面の安全性が損なわれるので注意が必要です。

また、この場合の借り換えは、高い金利で組んでいたローンを、より低い金利で組み直し、有利な条件で再び借入れることをいいます。それはどういう目的でするのかというと返済総額を削減するためです。一般的な例としては住宅ローンの借り換えや、おまとめローンという複数の借入を一本にするといった借り換えもあります。

短期借入金は、企業会計上においては、「返済期日が貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に到来するもの」が該当します。貸借対照表の上では流動負債として計上されるのです。なお、ローンの支払利息については、損益計算書上の営業外損益の部の営業外費用として計上されます。

支払利息は、企業会計上の営業外費用のうち、銀行などの金融機関や取引先会社からの短期借入金などにかかる利息を管理するための勘定科目をいいます。借入金の多い企業では支払利息が損益計算書に計上されるのでしっかりチェックすることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ