受注者から発注者に対して受注したことを証明する注文請書

注文請書はビジネス上の商取引活動で交わされる書類の一つで、受注者から発注者に対して、受注したことを証明するものです。一般的には、契約は申し込みとそれに対する承諾があり、受注側と発注側が合意することで契約が成立します。商取引活動において、通常、注文書と本書類は一対で用いられます。

発注者が注文書を受注者に渡し、受注者が本書類を発注者に渡すことで受発注の契約が成立となるのです。また、注文書などの受け渡しがなくとも、口頭ベースであれメールであれ、両者が契約の重要部分で合意したときには成立したものとされるので、通常は契約に関係なく成立するとされています。

それでも企業会計上、注文書や本費目は欠かせません。そしていずれか一方でもあればそれが最後に発行されたものが契約を証する書類ということになるのです。しかしながら、注文書については印紙税納税を課すことができるので、この書類のみの場合は注文書発行者が納付することになります。

また、本書類が発行されると、一般的には受注者が納付します。これは発注者のほうが力関係では上だからです。

注文請書には、担当者と納期、納品場所、支払条件、数量、単価、支払金額、日付、そして会社名、商品名などの情報が記されています。 なお、注文書と注文請書は、日々の商取引の中で使われるものですが、これに対して、新規に取引をする際には、より具体的は取り決めをした、基本契約書を双方で取り交わすことが多くなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ