金融機関から資金調達した1年を超える期間で返済する長期借入金

長期借入金は、金融機関などから資金調達した1年を超える長い期間で返済する借入金のことです。資金調達先としては、銀行、労働金庫、信用組合、信用金庫などの金融機関、関連会社の株主や役員がいます。

また、借入方法としては、金融機関の場合は担保を差し入れる証書借入が一般的で、中小企業が借り入れる方法としては信用保証協会を利用することが多いようです。長期での資金調達には、この他にも株式や社債などの発行によるものがありますが、利用できるのは大企業や、中堅企業、そして成長性の高いベンチャー企業だけとなっています。

長期借入金を中小企業が行う際に利用する信用保証協会は、公的機関です。中小企業が銀行などから受けた融資の返済が滞ったときに代わりに弁済する保証人としての役割をするため資金調達がスムーズになります。この信用保証協会が銀行に弁済した場合は日本政策金融公庫が信用保証協会に資金を補填する仕組みとなっているのです。

長期借入金は、主に事業拡大に伴う設備投資資金や研究開発資金などに使われます。企業会計上においては、「返済期日が貸借対照表日の翌日から起算して1年以内に到来しないもの」が該当します。

バランスシートである貸借対照表上では固定負債として計上され、、借入金の支払利息については、損益計算書の営業外損益の部の営業外費用として計上されます。借り入れが長期となる場合、担保に入れた資産については貸借対照表にその旨を注記することが必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ