決算日1年を超えて費用化されるものを管理する長期前払費用

長期前払費用は、前払費用のうち、決算日の翌日から数えて1年を超える期間を経て経費化されるものを管理するための勘定科目を指します。貸借対照表上では、流動資産の部の投資その他の資産に計上されます。

一般的に前払費用は、企業の一定の契約に従って継続して役務の提供を受ける場合に、いまだ提供されていない役務に対しても今期に前もって支払った場合に使用する勘定科目です。

長期前払費用には、具体的な例として長期契約の損害保険料を一括払いする場合や、2年以上の賃貸借契約を締結して地代や家賃を前払いする場合、車のリースをする場合などが挙げられます。

毎年の決算において、本費目の中で決算日の翌日から数えて1年以内に経費となるものについては、前払費用の勘定科目に振り替えて計上することになります。
長期前払費用と繰延資産の違いは、本費目がいまだ提供を受けていない役務に対する支出であるのに対して、繰延資産はすでに提供を受けている役務に対する支出である点が異なっているのです。

繰延資産は既に対価の支払いが終了あるいは支払い業務が確定し、それに対応する役務の提供を受けたのですが、その効果が将来にわたって発現するものと期待される費用を指します。

そして、収益との関係から次の期以降にわたってその効果の及ぶ期間に配分処理されたものをいいます。繰延資産は他の資産とは違って実体としての価値はありません。そのため換金価値もないことになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ