企業財務の健全性を見る指標のデット・エクイティ・レシオ

デット・エクイティ・レシオ(Debt Equity Ratio、D/E Ratio)は負債資本倍率とも呼ばれ、企業財務の健全性を見る指標の一つで、企業の資金源泉のうち、負債が株主資本の何倍にあたるかを示す数値のことを指すのです。

本指標は返済義務のある有利子負債などが、どれだけ返済義務のない株主資本でカバーされているかを示し、一般的に1倍を下回ると企業財務が安定しているとされています。従ってこの数値を安定させるためには、債務の削減かあるいは利益拡大による内部留保の積み増しが必要となってくるのです。

デット・エクイティ・レシオは、債務は株主資本でまかなうことが望ましいという考えに基づいて、主に長期の支払い能力を表す時に使われます。その際、特に大企業の社債の格付けにおいて重視されます。また、有利子負債の多い企業にとってこの指標の改善は一つの課題ともいっていいでしょう。

デット・エクイティ・レシオの算出としては一般的な計算方法は、有利子負債から株主資本を除することです。このときの有利子負債は転換社債や、普通社債、長期借入金、短期借入金などです。広義の式では、他人資本から自己のそれを除したものでこの場合はその比率と同義となります。

この比率は返済義務のある他人資本が、どれだけ返済義務のない自己資本でカバーされているかを示しています。この数値が少ないほど借り入れの少ない企業ということになります。もう一つ狭義の式では有利子負債から現預金を引いたものから、株主資本を除したものがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ