当期純利益という指標は企業の財務分析に不可欠な要素

一般に、企業の財務分析をする場合に、当期純利益の大きさとその成長はもっとも重視され、前年度比で比較したり、競合する同業他社と比較したりします。

当期純利益は、法人税などの社会的なコストを支払った上で残った純粋な事業活動での成果であり、企業会計上の損益計算書の上においても、税引前当期利益から法人税、事業税、住民税といった税効果会計に生じる法人税等調整額を差し引いた後の利益のことをいいます。

またこの利益がマイナスとなった場合は当期純損失というのです。
当期純利益は、企業の一事業年度である一定期間の最終成果としての利益となります。よって単に利益という場合にはこの金額を指すことが多いです。

これは一定期間に発生した企業の財産であり、また貸借対照表の上において、純資産はこの金額だけ増加することとなるのです。
また、この金額の成長率を示す指標として増益率をチェックしたりします。さらに売上高に対するこの金額の比率を示す利益率などもチェックします。

さらには、上場した企業においては、株価を一株当たりこの金額で割った指標である株価収益率は株価が割高なのか割安なのかを計る尺度としてもよく利用されます。また、純利益の計算方法として損益法と財産法の二つの方法があることが知られています。

損益法は、今期の会計期間において全ての収益から全ての費用を差し引いた金額を期間損益として計算する方法で、一方の財産法は、今期の会計期間において期首時点の貸借対照表と期末時点の貸借対照表の純資産額を比べてみて、その示された純資産額の増減金額を期間損益として把握する計算方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ