短期の負債に対する企業の支払い能力を見るための当座比率

当座比率は、短期の損失に対する会社の営業活動における、支払能力を見るための財政指標であり、企業の短期支払い能力を判断できます。当座資産は、企業会計の貸借対照表の借方の流動資産を構成する項目です。

短期間に回収される、資本のことをいい、具体的にいうと、資本の中でも換金性が高いとされている、現金・預金、売掛金、短期保有である有価証券、などがあげられます。短期保有の有価証券というのは一時的に資金運用の目的などで取得した市場性のあるものとされており、また、満期保有目的の債権で満期までの期限が1年以内のものとなっているのです。

この中で、流動資産は資産を構成するものの一つで、他に固定、繰延資産があります。さらに、これを構成するものに、当座、棚卸資産などその他に分類されています。

当座比率は、会社の資金化を考えた上で財務の安全性を確認する際に使用するものです。この指標は100%以上が目安とされています。これは考えると当然のことで当座資産より流動負債を除して求める比率のため、100%を切ってしまうと、流動負債の方が多いということで、それだけ短期的な債務が多いということになるからです。

それとは逆に本指標が100%を超えると、換金率の高い債権を多く保有しているということになります。なお、当座比率に対して、短期の負債に対する企業の支払能力を測るための指標で、企業の流動資産に対する流動負債の割合を流動比率といいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ