投下した資本に対して得られた利益の割合を示す投資利益率

投資利益率はROI(Return on Investment)とも呼ばれ、投下した資本に対して得られた利益の割合を示す指標です。これは、企業の事業活動における収益性を見る見本的な指標であり、資本が効率的に運用されて利益を上げているかどうかと判断する際に活用されます。

一般的に自己資本利益率(ROE)が株主にとっての利益の効率性を重視しているのに対して、総資産利益率(ROA)や投資利益率は企業の利益の効率性に重点を置いています。

本指標は、企業全体の財務面では投資資本全額に対する利益率を表わすのですが、その利益から投資額を除した基本形が単純であるため、これ以外にも様々なバリエーションがあるのです。具体例では、キャッシュフローを土台にして、事業部門や個別のプロジェクト、個別の商品における投資に対するその効果を評価する際にも活用されます。

ちなみに本指標の逆数は、何年で企業が投資した資金を回収できるかといった資金回収期間を示しているのです。

企業全体の投資利益率をはじき出す場合は、分子の利益は経常利益に支払利息を足したもの、分母にあたる部分には借入金に株主資本、社債発行額を合計したものとなります。また計算に必要な数値は財務諸表から全てを得ることが可能です。

そのレベルをチェックするときには、競合する同業他社や業界標準と比較したりするとようでしょう。もちろん業種によってはかなりのばらつきがあります。株主資本は自己資本と呼んでいますが、こちらのほうが馴染みやすいかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ