事業活動において特別な要因で発生した臨時的な特別損失

特別損失は、会社の経常的な営業活動とは直接関係のない、特別な要因で発生した臨時的な負債のことです。これは突発的または偶発的、偶然的にかつ会社の営業内容とは関係のないところで発生した負債であり、具体的には、投資損失引当金、盗難損失、災害損失、固定資産除去損、社債償還損、そして前期損益修正損などがあります。

その対象範囲については会社会計上は経費とは認められませんが、税法上の特典を受けるために経費で処理をしなくてはいけないものを計算できるのです。
この損失の中には株式等の売却損がありますが、営業外費用の中にも有価証券売却損という項目があります。

同じく株式等の売却損であるのにどちらにも項目が設けられてるのですが、これには違いがあるのです。営業外費用の場合は、経常的に行っていた株式投資で起きた損害ですが、特別損失では長期に渡って保有していた株式を売却した時など、限定的な損害であるということを表しています。

これと同じように、特別利益の中には株式等の売却益の項目があり、営業外収益の中にも有価証券売却益があります。
一般に、損益計算書において、経常利益に特別利益を計算して、その結果から特別損失を引くことで税引前当期純損益が利益となることを税引前当期純利益といいます。

これは一事業年度に発生した全ての利益から全ての経費を差し引いた企業の、期間的な処分可能収益となります。これがゼロ以下となったときは税引前当期純損失となるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ