無形の財産的価値を有するものを評価したのれん

のれんは別名を営業権とも呼んでいます。権利を表すのですが、法律上でのものはなにもありませんが、その他の競争する会社より多くの利益を得ることができる形の無い源泉、あるいは原因を金額で無形の財産価値を有するもので評価したものです。

具体的には、企業のブランド力であるとか営業上のノウハウや仕組みであるとか高度な技術力があります。また立地条件などの地理的条件なども大きく影響しているほか、官公庁の登録や許認可に基づくものなどがあげられます。

のれんは、一般的に企業会計上では営業譲渡や合併買収などを実行した場合にそれによって得た資産や負債と支払った金額との差額が、貸借対照表の上の無形固定資産として計上されることとなっています。

その際の減価償却については、償却の期間を20年以内とする均等額償却となっており、減価償却の方法は残存価額をゼロとした定額法を採用し、記帳方法は直接法を採用しています。この際の各期の減価償却額は、販売費及び一般管理費として計上するのです。

無形固定資産は企業が長い期間にわたって保有し、収益をもたらすことが期待されている形がない資産です。大きく分けると法律上の権利とそれ以外のものということになります。営業権以外にはソフトウェア、あるいは漁業権、鉱業権などがあります。

一般的な国際会計基準では、のれんの償却は原則行いません。その価値が激しく損なわれた場合の時に減損処理を行うこととなっていて、国内基準とは大きく異なるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ