資産計上される企業の資産の中の営業権のことを指すのれん代

企業の合併や買収、営業権の譲渡などにかぎって資本に計上するもので、のれん代という項目があります。企業の資本の部の中の営業権の事です。

企業会計において、会社のもつブランド力や、技術のノウハウ、コンピューターのソフトウエア、特許権など目に見えないが価値があるものを無形固定資産と呼んでいますが、本費目はその中の一つであり、貸借対照表の上では借方の資本の部の固定資産の中で営業権との項目として計上されます。

企業が合併する際の会計処理には、合併される側の企業の資本や負債は、その資本を得たときの帳簿価額で評価する持分プーリング法と、時価額で評価するパーチェス法の二通りがあります。

このうち、持分プーリング法では、のれん代が計上されないのに対して、パーチェス法では現在の株式市場での価格と帳簿価格との差額を本費目として計上されるのです。

のれん代は、会社を買収するときの買収の金額と時価額で評価した相手の会社の純資産額との差額であり、また企業のブランド力やノウハウ、顧客リストや顧客との関係、人材といった決算書類には計上できない企業の力を示すものでしょう。

これらはもともと貸借対照表では評価できていなかったもので、買収した際のシナジー効果などの価値を示しています。本費目は日本の会計基準では時間とともに減少するものと考え、定額償却するのに対して国際会計基準では定額償却はせず、価値が大きく低下したときに減損処理をすることとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ