営業活動全般や一般管理業務をすることにより発生する販管費

販管費は、企業会計において勘定科目の一つで、販売費及び一般管理費あるいは営業費とも呼ばれています。企業の事業活動全般や一般管理業務をすることによって生じる費用です。これには売上原価や財務活動によって生じる費用は含まれません。

また本費目に属する具体的な費用項目については、各会社が適度に設定することとなっています。

販管費は、大きく分けて、会社の事業活動において直接的に要した費用である販売費と、物やサービスに関したものではないものの、事業活動を行っていくうえで直接要した費用ではないものの、事業活動をしていくために必要な費用である一般管理費の二つから構成されています。

販売費については、業種によって様々な項目がありますが、流通系では保管費、運搬費、荷造費などがあります。また、一般企業でいうと販売手数料、販売促進費、広告宣伝費、従業員の人件費などが該当します。また、一般管理費については、主に間接部門の給与、賞与あるいは手当などの給与、福利厚生費、法定福利費、などがあります。

損益計算上において、売上総利益から販管費を差し引くと営業利益となり企業事業活動においてどのくらい儲けているかを表わしています。

本費目は一般的に売上高に関係なく固定的にかかる費用ですから、この金額が少なければ営業利益は大きくなりますし、逆に大きければ営業利益は小さくなるでしょう。そのため、粗利益が大きくても本費目がかかりすぎると営業利益は少なくなってしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ