一定の加工を完了し販売あるいは貯蔵できる状態の半製品

半製品は、企業会計あるいは企業簿記で使われる会計用語で、メーカーなどの製造業において、工場の生産過程で一連の製造を終えて、現状のままでも外部に流通経路で判定できるか、あるいは倉庫などで在庫できる状況にある生産物をいいます。

これは自社企業内では、次の生産段階にも回される場合があるということから仕掛品と似ていますが、仕掛品が製造の中頃の段階では販売することも在庫とすることもできません。それに対して本費目はそれ自体が売り物として流通可能はものであるところが大きく異なるのです。

半製品は企業会計の貸借対照表上では、流動資産の棚卸資産の中に示される勘定科目です。例をあげると、液晶モニター製造におけるモニターパネル、木材加工製品において土台となる板などがこれにあたるのです。仕掛品と本費目はその違いがわかりにくいことが多く、企業によっては生産品と仕掛品とに大きく分けてしまうこともあります。

まとめると仕掛品は原材料から製造品になる工程の中で文字通り中間的な製造品ということで販売はできないものです。いっぽうの本費目は最後の完了工程までは到達していないが完了品として出荷が可能、つまりは販売できるものとされているのです。

もっと平たくいうと売り物になるか売り物にならないか、買い手がつくか買い手がつかないかということになります。

一般的に取得価格というものは商品の獲得に要した減価に対して手数料や消費税などを加えて取得者が支払った価格です。いっぽうの半製品の取得価格は、その生産のために要した原材料、人件費、諸々の経費の合算となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ