販売費及び一般管理費を削減する努力が利益をもたらす

一般的に企業で、経費削減の目標を掲げて収益をとりにうごく時に、販売費及び一般管理費を削減するようになります。販売費及び一般管理費は、企業会計において勘定科目の区分の一つで、販管費あるいは営業費とも呼ばれています。

損益計算上において、売上総利益から販売費及び一般管理費を差し引くと営業利益となり企業事業活動においてどのくらい儲けているかを表わしていることになるのでどれだけ差引額を抑える事が出来るかがポイントになってきます。

企業の事業活動全般や一般管理業務をすることによって生じる費用で、これには売上原価や財務活動によって生じる費用は含まれません。主なものに、販売促進費、広告宣伝費、従業員の人件費などが該当します。

特に広告宣伝費と人件費は削減対象としてあがりやすく、特に残業手当てや休日手当といった努力することでなんとかなるものに着目される場合が多くあるでしょう。一般企業では残業時間が減ると人件費とともに光熱費なども数%減少することが期待もでき労働者の満足度もある一定あがる事が期待されます。

残業時間の削減だけでは足りない場合にはいよいよ、解雇や雇用契約内容の見直しなどが必要となってきます。一般的に言われる、リストラの一部ですが、これは大変骨の折れる業務になり人事部や人事担当者の負担、経営者の精神的な苦痛もともなう可能性も高いと言われます。

ただし、人件費は売上に関係無くかかってくるので、企業の経費に占める割合が大きく負担感も大きくなります。そのあたりを理解して粛々とすすめていく冷静な判断の出来る人が向いている場合が多いといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ