純資産を発行済株式数で割る財務指標一株当たり株主資本

一株当たりの株主資本は、BPS(Book-value Per Share)などとも呼ばれています。利益準備金、資本準備金、資本金といったこれらの内部留保の合芸額から、企業の発行済み株式数を除して求めた財務指標のことです。

この中の純資産は企業会計上の貸借対照表において、資産から負債を差し引いたもので純然たる会社の資産というべき部分の金額となり、また企業が廃業など、解散したときには株主に還元されるべきものであることから、一株当たり株主資本はその株においての解散価値を表わしています。

BPSは会社会計の財務分析において、企業の経営の安定度を見るための指標として分析され、一般的な尺度としてその数値が高ければ高くなるほど企業経営の安定度は高いといえるでしょう。

投資家が行う株式投資については、会社の株式価格が他と比べてどうかといった割安度を見るもっともオーソドックスな財務指標であり、一般的な観点から見て1以下ということであれば割安という認識を持たれることになります。

いっぽう様々な要因で企業経営が芳しくなくなるといった実質的に債務超過の疑念がもたれるkaisha については、株式の証券市場では1を割ったままの状態が長く続くことも多くなるのです。

2006年の会社法施行後、企業会計の資本の部に代わって純資産の部が創設されたことによりその構成項目も変わりました。株主資本は、少数株持分、新株予約権、評価・換算差額等などとともに純資産の部の一つの構成項目となり、純資産が必ずしも株主資本ということではなくなったのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ