キャッシュフローの利益の指標の一株当たりキャッシュフロー

株式会社において一株当たりキャッシュフローは大事な指標です。企業株式一株あたりいくらくらいのキャッシュフローを起こしたかを示す財務指標のことです。これは簡易キャッシュフローを企業の発行済株式数で除したもので求められます。

その企業が純粋な事業活動において、お金の流れに裏打ちされた収益を計上することができているのかを見極めるために使用され、この数値が大きければ大きいほど企業経営が順調であることを示しているのです。

この中の簡易キャッシュフローというのは今期の税引き後収益にその収益から差し引いた減価償却費を再び加えたもので、減価償却の計算方法の異なる企業間の収益力の比較をすることを可能にしています。

一株当たりキャッシュフローに似たような指標として、企業の株式の一株あたりの収益額からの収益力を見るための財務指標で、当期純利益を発行済株式総数で除したものを一株当たり利益と呼んでいます。

この計算は当期利益と減価償却費を合算した金額から発行済株式数を除したもので表わされます。ちなみにお金の流れには、一定期間に流入するお金のことをキャッシュ・イン・フロー、反対に流出するお金のことをキャッシュ・アウト・フローと呼びこれらを総称してお金の流れとなっているのです。

売り掛けを例にとると、現金は入っていないのに売上には計上するので、売上高合計や純利益というものは実際のお金の流れを表わしていません。このようなことから利益は意見であり、キャッシュは事実ともいわれているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ